スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケット 

月を捕まえようと手を伸ばす。
空振り。
何度やっても平行線。
車で走っても追いかけてくるが、
見えるだけで届かない。
それはあこがれる夢のよう。
それは美しくも怪しく輝く存在。

少年はロケットを作ることを考えた。
それにはたくさん勉強しなくてはならない。
月にたどり着くため必至で勉強した。
それが形となりロケットになる。

一生、届かないものを追いかけるのは意味が無い。
近づく努力が必要なのである。

少年のロケットは完成に近づいていく。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。