スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ東京大空襲を見て 

戦争と関係のない多くの国民が犠牲になり見ていてつらかったが目を背けてはならないと思った。
現在我々が物質有り余る世界で何不自由なく暮らせるのも数多くの犠牲者の上で作られた平和の世界。時には歴史を勉強して振り返る事も大切だ。人は何度同じ過ちを繰り返すのか。権力に憤りを感じる。

戦いの後には悲劇しか残らず、戦争に英雄などいない。犠牲者と犯罪者だ。

一見平和な世界だが人々の心はすさみ、各地で事件が起きている。豊かな和の精神は絶滅してゆくのか。優しい心をなくしたくはない。

漫画や戦うことを説く少年誌。紙で痛みは伝わらない。戦いを好むのは遺伝子か本能。ルールで抑圧されたストレスを現実逃避で発散している。歪んだ現実。エスカレートして犯罪のラインを超える始末。

過去の惨劇を胸に秘めてこれからの生き方を模索していきたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。