スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロットカード初挑戦。 

まずひとつできました。その場しのぎの考え方から脱出できた感じです。この調子でガンガンためていきます。

今回出来た話の出だし
政府によって産み出されたかりそめの命。しかし彼は家出をする。生みの親ともいうべき研究者は必死で探す。家出は毎度の事。怒った後はいつも同じ場所で隠れるのである。親子のようなコミュニケーションから研究室と彼には絆が生まれていた。

他にもおなじような少年少女がいる。彼らには特殊な力が備わっているがまだ本人達も知らない。徐々にテストを繰り返す。
ここまで幼少期。

少年となった彼。少しだが力を身につける。そして研究室の外に憧れるようになる。
そして今回は思いきった家出作戦を考える。仲間とともに。
そしてある悲痛な声を聞く。
物悲しい、そしておそろしい。

軍部は監視している。

こんな感じ。

これは叩き台にすぎず、いろんなバリエーションに派生しそう。
この訓練で発想がたのしくなりそうです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。