月別アーカイブ

 2012年03月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似顔絵 

nigaoe-tsujigichi.jpg
有名パティシエのあの人。
線画のみ。

とりあえず勘を取り戻した。
新技法の実験も兼ねる。

普段褒めない人からお墨付きをもらった!
逆に人を褒められるようにもなっていきたい。なかなか出来ることではないが自然体から変化していこう。

スポンサーサイト

3/31 

創作
温めておいたネタを再設定したが前に書いておいた方が良かったりする。その当時で完成していたということか。今の力で少しずつ練り込んで良くしていこう。創作に関しては毎日にリセットをかけず、勢いを継続していかないと止まる。そういうのを何人も見ている。絵だけが趣味でいい。他は気分転換の娯楽。夢は飾りのファッションではない。芯から目指すなら気合いを注入せよ。

ルーズリーフで設定やストーリーの断片を書きなぐるとあっという間に数ページも文字で埋まる。自分は文字から連想するタイプのようだ。他にイメージで発想するタイプもある。

朝ドラ
ふと見始めてハマってしまった「カーネーション」。録画をしてまで見させてもらったがついに最終回。いい脚本だった。半年間本当に楽しく過ごせた。一生心に残るだろう。食わず嫌いをしないでなんでも取り込む勢いが無いと小さい世界の中でしか生きられない。気持ちを切り替え新しい次回作を見る次第。環境が変われば感動のツボも変わる。自分に革命を起こすにはまずアクションを起こせ。

[設定] 惑星管理局 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

イラスト伝票 

イラスト依頼指示書
得意先→営業→編集→イラスト制作(自分)
この流れでイラストに関する仕様というものが無く口頭でこんな感じとしか伝えてくれない。仕事上イラストを書いたという記録が残らないのも問題なのでこういう「イラスト指示書」の伝票を作っておいた方が良いと感じている。何回書き直したとか最初からどんな画風でとか、とにかく細かい指示がないとイメージが固まらない。提案する材料にもなるので予め画風の種類を選んでもらう事も出来る。

独立を想定して今から仕事のやり方を工夫して作っておき仮想の会社内フリーとして経験を積む。

3/30 

イラスト作業
社内で頼まれている似顔絵とスケッチが雑用業務のラッシュで後回しとなっている。瞬時に切り替えて出来るほどメンタルが器用ではないのでスイッチ時間が必要。のんびり気ままに描きたい性質なので困る。描き始めると早いんだけど…。

携帯
昔の携帯をケータイ、スマートフォンをスマホというが「スマホ」は言いにくいと思う。そこは携帯のまんまでいいのでは。明らかに格の違いを言葉でいいかえられても…。携帯するものなんだし。

モブログ
たしかに携帯メールでアップしたはずの記事が上がってない。キーボード携帯で長文を送ったはずだけど。処理が遅れているのか携帯メアド情報がダダ漏れになるからもうモブログはしない。とは言わない。必要な時は使うかもしれない。

万年筆
最近好きになった事。それは万年筆の独特な筆跡、万年筆でしか出せない味、微妙なインクのグラデーション、滑るペン先はかなり癖になる。好きな色は「ブルーブラック」。小説家もどきな事をするならまずは道具からってのは大事。きれいな字を書くより崩した感じでサラサラ書いていくのが好み。

漢字
今では携帯やネットで調べればすぐに調べられるが頭を捻って思い出すと漢字テストのような感覚があり脳がジンジンする。ネット時代の子供達も脳というデータベースに書き込んだほうがいい。ネット頼りだと電力次第で頭がパーになってしまうのだから。

こうやって小出しで短文を書いているとまるでツイッター。
まぁプチエッセィということで。色々やり方は実験中。

似顔絵 

地元出身の世界的有名人の似顔絵の依頼が舞い込んだ。納期は心の準備が出来ない「早め」。プロのサンプルのバタ臭いタッチはNGらしい。確かにノーサンキューで心臓を鷲掴みされたような絵だ。シンプルかつ特徴をとらえたサラッとした絵で勝負する。この仕事自体「勝負」である。気に入らなければ使われない非情なオシゴト。

似顔絵の下絵を二人分描いた。似せつつ情報を削る。こんな真逆の事をやるのが似顔絵である。芸能人なら悪意と愛をもってどぎつい顔に出来そうだが用途によっておとなしめに描いた方が好まれる。

旅館「岡田屋」2 

okadaya-2.jpg
ざっくり乗算で影を付けながら色分けしていく。

3/28 

「小説家という職業」読破
いろいろ学べたり共感することもあったり。自分のやり方は間違えていなかったと確信。ひたすら書き続けるのみ。本屋に行くと良書に巡り合えたり流行りの傾向が分かり楽しい。しかしあえて逆を行く。流行よりも逆流だ。

小説家という職業 (集英社新書)小説家という職業 (集英社新書)
(2010/06/17)
森 博嗣

商品詳細を見る


3/27 

漫画や小説は表現技法のひとつ。読者の頭の中に「映画」を再現する。
コマ割りに連続性。コマの切り取り方。カット。まるで映画の編集。

ペン入れ特訓
無駄に力が入って筋肉がパンパンになってしまう。特訓で力を弱く描く方法を探る。

光キャンセル 

あやうく訪問営業のフレッツ光に契約しかけて工事予定電話からギリギリキャンセル。自分のネットの使い方だとADSL8メガで十分だったし光にしたところで早くなるが問題点があった。

1.価格コムからキャンペーン付の所から加入した方が良い。
2.結局高くなる分金銭的に負担。
3.WiMAXなどの無線に切り替えたい。

NTTの訪問営業はあくまでNTTと言い張っていたが名刺を見るとやはり「下請け業者」。だんだん腹が立ってきた。電話勧誘も頻繁だったのでようやくNTT社員が来たと思ったのだが…。

結果現状維持。2012年4月末に地元がWiMAXエリアになる予定となっているのでそれまで「全然」待てる。爆速ネットには今のところ興味なし。そこまで早くもなかろうし。無線ブロードバンドだと配線不要なので引越せるし模様替えの配線も楽。固定BBだけが選ばれるサービスだと思うなよNTTさん。品質は良いだろうけど。

Twitterを封印して
ブログを有効利用しはじめた。誰が見ている訳ではないが書きやすい!アクセス数の少ない日記感覚で自由。ツイッターは一方的なつぶやきだし140文字制限だし訂正できないし。というわけで不用な情報を遮断し自分の世界を作るためにここに舞い戻ってきた次第。長文の練習に最適。携帯からは気軽に打てないがPCの前に腰を下ろす習慣がつく事だろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。