月別アーカイブ

 2008年10月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

link [ネタ探し用] 

凡人では無からネタが思いつくはずも無く、サイトでネタ探しを開始!資料としてリンクを集めて行こうと思います。

無限回廊 endless loop
……1930年代からの国内で起きた事件や海外で日本人が関わった事件など。
読んでいて情景がリアルに浮かび大変恐くなりました。現実は奇なり。

クリーチャー参考
クリーチャー

スポンサーサイト

小説・文章リンク 

ライトノベル作法研究所
拓夢書房「小説の書き方」
物書きのための文章作法



漸蔵サイト「神実式」デザイン 

cssが暴れまくるので、HTMLだけで見れるデザインに変更しました。
プレーンすぎる配置が逆にいい感じ?
昨今の凝り過ぎたcssサイトに対するアンチテーゼ!(すいません)
軽いって事はいい事だ。

しばらく中身を充実させるまでcssは放置します。
中身で勝負しなきゃ話が進まないのである。

HP改装報告、小説勉強 

HP
サイト名は結局「神実式」(カムザネシキ)で決定。
神実とは長年あたためている漫画の設定のひとつです。
CSSを触わりすぎて調子が悪くなったので再調整予定。どれが悪いか分からないので整理しながら作り直し。
http://emst.web.fc2.com/


ラノベを書きたい人の本、大塚英志のストーリーメーカー、キャラクターメーカーを購入。自分の漫画原作のための小説を書いてみようと思い勉強開始。毎日すこしづつ勉強しないとパニックになる。慣れないことだからとにかく地道にやるのみ。

ネタ
10年ぶりにホームタウンに戻ってきた男。なにげなくか、自分のやり残した事、逃げ出した事を解決しにきたのか。街は昔とちっとも変わっていない。さびれかけの発展できない商店街、ガラの悪い裏路地、テナントの入っていないビルディング。懐かしさが込み上げる。男はなじみの店に行ってみた……

韓国ドラマ、チェオクの剣にハマり中。 

かっこよすぎ。

小説に興味 

大塚英志の物語の体操のなかでたびびたび紹介されている村上龍に興味が湧いた。

あのスティーブンキングは年間かなりの本を読んでいるという。ふつうの小説はほぼ読んだ事がないTVッ子な自分。しばし本の虫になろうかな。そして表現力を身につけ無くては!

プロットカード初挑戦。 

まずひとつできました。その場しのぎの考え方から脱出できた感じです。この調子でガンガンためていきます。

今回出来た話の出だし
政府によって産み出されたかりそめの命。しかし彼は家出をする。生みの親ともいうべき研究者は必死で探す。家出は毎度の事。怒った後はいつも同じ場所で隠れるのである。親子のようなコミュニケーションから研究室と彼には絆が生まれていた。

他にもおなじような少年少女がいる。彼らには特殊な力が備わっているがまだ本人達も知らない。徐々にテストを繰り返す。
ここまで幼少期。

少年となった彼。少しだが力を身につける。そして研究室の外に憧れるようになる。
そして今回は思いきった家出作戦を考える。仲間とともに。
そしてある悲痛な声を聞く。
物悲しい、そしておそろしい。

軍部は監視している。

こんな感じ。

これは叩き台にすぎず、いろんなバリエーションに派生しそう。
この訓練で発想がたのしくなりそうです。

プロットに困ったら 

タロットカードストーリープラント http://www.geocities.co.jp/Bookend-Christie/5336/

プロット作成練習 http://homepage2.nifty.com/dicek/plotmake/plotmaking.html
大塚英志「物語の体操」のjava版プロットカード
自分の枠を壊した発想ができる!毎日行い脳を強化だ。

プロットカードを引く順番
1. 主人公の現在
2. 主人公の近い未来
3. 主人公の過去
4. 援助者
5. 敵対者
6. 結末(目的)
さかさまのカードは意味が逆になる。タロットカードでも代用できます。

鏡リュウジのソウルフルタロット-カードの意味 http://bl.dgweb.jp/starot/free/mean/index.html
タロットの意味でストーリーふくらませる訓練になる。

ebookers http://www.ebookers.jp/
このサイトのスーパー編集長の編集道場がおすすめ。

物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン (朝日文庫)物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン (朝日文庫)
(2003/04)
大塚 英志

商品詳細を見る

NESTUS党首 

ヴァイン妖しい雰囲気の大人。ひょうひょうとしてそうな感じ。
義理がたく正義信奉者。

絵柄改良 

絵柄を少しアニメ寄りに改良中。線を減らし作業量を少なくするもくろみ。線をへらすには正しいデッサン力が必要だと気付く。描いて覚えるしかない。

仕事イラストのタッチに近付ければマンガ用絵柄と分けずに済みそう。イラストはどっちかというとPOP寄り。マンガはリアル路線。どうりで頭が混乱するわけだ。

おもいっきり少年アメコミテイストで描いてみよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。